【物流代行】倉庫管理システムで費用削減?比較のポイント

物流代行で費用削減する方法は?倉庫管理システムの比較ポイントも解説

物流代行を利用することで、無駄を排除できるようになります。しかし、「固定費などが発生するのではないか?」という疑問を抱く事業者も多いのではないでしょうか。こちらでは、倉庫管理のコスト削減を成功に導くためのポイントや管理システムの比較ポイントを解説いたします。

倉庫管理システムで費用削減できる?

reduce costs

物流代行を利用して、倉庫管理を一任することで実現可能です。物流代行のプロは経験や実績が豊富にあるため、自社内の業務に最適な提案ができます。倉庫管理にかかるコストは、保管スペースの維持管理やパレットなどのレンタル費用、作業者の人件費などです。こちらでは、倉庫管理システムを導入することで費用の削減ができるのか、解説いたします。

倉庫内の整理整頓で費用削減

倉庫内の整理整頓は、倉庫および在庫管理関連の費用を抑える第一ステップです。倉庫内の整理整頓を行うことは、効率のよい在庫品収納、保管スペースの有効活用にもつながります。保管品および備品などを所定の場所に保管することで探しやすくなるので、作業効率がアップするメリットにもつながります。

過剰在庫の見直しを図って適正在庫の実現へ

在庫は適正な量が望ましいです。過剰な在庫は保管スペースが必要になる、不要な倉庫内作業が発生するなど、コストがかかることも少なくありません。また、品不足になったときには販売のチャンスがなくなったり、商品を追加するなどの緊急業務が発生したりなど、ここでもコストが膨らみやすくなります。

保管スペースの有効活用や倉庫作業の効率化

倉庫内に保管する商品の大きさや種類などを考えて適切な棚を使うことで、保管スペースの有効活用につながります。また、システムを使って既定の場所だけでなく、任意の空きスペースに保管できるフリーロケーションを運用することも棚の有効活用に最適です。保管場所をわかりやすくすると、ピッキング作業者の業務効率アップにつながります。さらに、作業方法をマニュアル化しやすくなるため、標準化の整備も費用削減にも効果的といえます。

倉庫管理システム比較のポイント

Key points

倉庫管理システムは効率化を図り、正確な倉庫管理に欠かすことができないシステムです。こちらでは、コスト削減および属人化解消などのメリットを持つ、倉庫管理システムの比較ポイントについて解説いたします。

導入方式の決定が最初のステップ

倉庫管理システムには、オンプレミス型、パッケージ型、クラウド型の3種類があります。サービス選定に入る段階で、導入方式を決めておくことをおすすめします。オンプレミス型は自社サーバーを設置し、ソフトウェアを使って運用する方式です。パッケージ型は、完成済みになっているソフトウェアをサーバーにインストールして導入する方法です。どちらもサーバーの設置が求められます。これに対し、クラウド型はオンラインサービスを利用するやり方のため、サーバーの管理運用などが不要です。

特に力を入れたい基本機能の比較について

倉庫管理システムを選定する際には、基本機能の比較が特に力を入れる部分といえます。自社の業務フローに必要な機能はあるか、複数の拠点を持つ企業の場合は各拠点を効率的に管理できるかなどが求められます。他にも引当条件の詳細設定が可能になるのか、自社の取引商品に適している情報管理が実現するのか、ピッキングや棚卸で使用するハンディ端末に対応しているかなども欠かせない基本機能です。

これに加えて、基幹システムとの連携も基本機能を比較するうえで確認しておきたい項目です。

仮に、基本仕様の中で不足している機能がある場合、オプションやカスタマイズなどで追加できることもあります。事前にそれぞれの要件をまとめておくとよいでしょう。

物流代行や倉庫管理システムを活用して業務の効率化と費用削減を実現!

倉庫システムを導入することで、業務の効率化や費用の削減効果などが期待できるようになります。システムを導入する際は、現在の業務内容や倉庫内の状況などの改善が必要です。

コーリングは物流現場で培った経験やノウハウにより、各企業の倉庫に最適な総管理システムを提供することが可能です。スタッフに負担の少ない導入で、わかりやすいユーザビリティとフォローサービスもご用意しております。倉庫管理システム(WMS)の実例もご紹介しておりますので、サービスと照らし合わせながら参考にしていただければ幸いです。

物流代行サービスの利用や倉庫管理システムの導入など、物流に関するご相談はコーリングまでお気軽にお問い合わせください。

コラム一覧

物流代行を利用して倉庫内業務を円滑にするなら、コーリングまでお問い合わせください

社名: (株)コーリング 本社DC
役員: 代表取締役 松井継太
本社住所: 〒272-0127 千葉県市川市塩浜2丁目30
TEL: 047-300-3524
FAX: 047-300-3521
URL: https://calling.jp/
事業内容: EC物流代行業務 倉庫業の登録第6294号(2009年8月登録)
従業員数 : 46名
倉庫所在地: 本社・塩浜DC
大多喜DC
館山DC
匝瑳(そうさ)DC
主要取引銀行: 千葉銀行 京葉銀行 三菱UFJ銀行