物流のコストダウン・効率化のため見直しを!物流の機能と改善の進め方

生産者から消費者にモノがわたるまで、物流には様々な過程があります。どれもなくてはならない過程ですが、その中にムダが隠れているかもしれません。ムダを見つけて効率化を図ることはコストダウンにつながるため、ぜひ物流の見直しをご検討ください。こちらでは物流の機能とコストダウンの進め方を、オーダーメイドの物流システムを提供しているコーリングがご紹介します。

物流の機能

フォークリフトの模型と小さな段ボール

物流の機能は、大きく分けると6つあります。

輸送・配送

生産者から消費者にモノを送り届けることが、「輸送・配送」です。輸送は別名で一次輸送と呼ばれ、トラック・鉄道・航空機などで長距離の移動を伴ってモノを運ぶ役割を果たします。一方で配送は二次輸送と呼ばれ、短距離の小口輸送を担い、輸送とは異なり複数の場所にモノを送り届けるという点も特徴です。

保管

保管は物流の中心機能の一つで、モノを適正な管理下で保存・管理することです。生産者と消費者の時間差を調整し、タイムリーにモノを届ける役割も果たします。

荷役

輸送と保管を行うときにモノを取り扱う活動が荷役です。輸送されてきた貨物を荷卸ししたり、格納したりする各種作業だけでなく、出荷指示に基づいた取り出しや仕分け、積み込み作業なども含まれます。

包装

物流の過程で生じる傷・破損といった物理的なダメージから、製品を守るために行うことが包装です。

流通加工

倉庫や物流センターに運ばれてきた品物を一旦ばらして、消費者が求めやすい単位に仕分け・包装をし直すことを流通加工と呼びます。商品のラッピング、ラベル張り替え、衣料品の検針作業なども流通加工で行う業務の一部です。

情報処理

受注・ピッキング・出荷・配送などの物流の流れを、正確に把握・管理することです。一元管理する情報システムは、物流の世界でもはや必要不可欠な存在になっています。

コーリングでは、オーダーメイドの物流システムを提供しております。物流のコストダウンをご検討の企業様は、ぜひコーリングにご相談ください。

物流の見直しをお考えの方必見!物流のコストダウンの進め方

複数の資料を基に会議する人々

コストダウンのため物流を見直したいと思っても、実際に何から手をつけていいのかわからない、という担当者も多いでしょう。こちらでは、コスト削減に必要なプロセスをご紹介します。

1.現状把握

今どんな問題を抱えているのか、それに対してどんな解決をしなければいけないのかを考えてみてください。現状把握ができると、次にするべきことも見えてくるでしょう。業務の流れを把握するために、フローチャートの作成をおすすめします。

2.問題点を洗い出す

フローチャートを作成したら、次は改善ポイントである問題点を洗い出します。社員個人によって抱えている仕事量に差ができていないか、必要ない手順はないか、業務の一部をアウトソーシングして軽減できる負担はないか、などです。

3.必要のない業務はなくす

問題点がわかると、実は必要がなかった業務が出てくるでしょう。昔からやっている、という理由だけで何となく続けていたけれど、よく考えたら必要ない…ということなら、思い切ってなくしてしまいましょう。

また、社内で同じ業務を重複して行っていることもあるので、各部署で行っている業務を比較しムダが発生していないかどうかもチェックする必要があります。省ける業務があれば積極的に省いて効率化を図ることが、コスト削減への近道です。

物流のコストダウンは効率化がカギ

物流には様々な機能があり、そのどれもがなくてはならない過程です。しかし、見直しをしてみると無駄が発生している工程があるかもしれません。物流のコストダウンには大切なのは、「効率化」です。いかに効率よく業務が進められるかを意識した改善が必要になるでしょう。

コーリングは、中小規模インターネットショッピングの物流業務委託を行っております。「EC事業者様とお客様(エンドユーザー)の要望に応える」御社独自のオーダーメイド物流を構築いたしますので、お気軽にお問い合わせください。

物流のコストダウン・効率化の見直しをお考えならコーリング

社名: 株式会社コーリング
役員: 代表取締役 松井継太
本社住所: 〒272-0127 千葉県市川市塩浜2丁目30
TEL: 047-300-3524
FAX: 047-300-3521
URL: https://calling.jp/
事業内容: EC物流代行業務 倉庫業の登録第6294号(2009年8月登録)
従業員数: 41名
倉庫所在地: 本社・塩浜DC
大多喜DC
館山DC
匝瑳(そうさ)DC
主要取引銀行: 千葉銀行 京葉銀行 三菱UFJ銀行