物流のコストダウン・改善なら倉庫管理システムの導入を!ロジスティクスとは

物流倉庫のコストダウンや改善は、多くの企業にとって課題となっています。そこで役立つのが、ロジスティクスです。ロジスティクスにはコストダウンだけでなく営業活動支援などのメリットがあるため、企業活動がスムーズに行いやすくなるでしょう。こちらではロジスティクスが持つ意味とメリットを、オーダーメイドや季節変動の保管料なしの物流システムを提供しているコーリングがご紹介します。

物流倉庫の改善をお考えの方必見!ロジスティクスとは

段ボールが積まれた倉庫

ロジスティクスとは、物を保管して運ぶ以外に物の流れを顧客のニーズに合わせ、効率的に計画・実行・管理することです。

ロジスティクスとよく似た言葉に「物流」がありますが、物流とロジスティクスは異なる意味を持ちます。物流はモノを生産地から消費地まで運ぶ一連の流れを示しますが、あくまでも「モノの流れ」だけで、原材料を調達したり製造したりするプロセスのことではないため、経営管理・コスト管理とは全く関係がありません。

一方でロジスティクスは流通以外に清算も含んだ概念で、モノの活動を支える仕組み・人々の働きを表します。ロジスティクスは、サプライチェーン全体のモノが流れる仕組みのことを意味するのです。

コーリングでは、オーダーメイドの物流システムを提供しております。長年の運用でEC物流に特化した倉庫管理システムをベースに、EC事業主様のこだわりを活かした運用フローを実現いたします。物流のコストダウン・改善をお考えの企業様は、コーリングの物流システム導入をご検討ください。

物流コストが削減できる!ロジスティクスのメリット

チョークで書かれたMeritのロゴ

ロジスティクスを取り入れるメリットは、以下のとおりです。

生産で発生するムダの回避

ロジスティクスにより必要最低限の生産数を把握できるので、必要なときに必要な場所に必要なだけ生産でき、余剰な生産は行われなくなるでしょう。生産で発生するムダが、ロジスティクスにより回避できます。

在庫を適正に保持できる

在庫が過剰になりすぎてもムダなコストがかかってしまいますが、反対に在庫不足に陥ることも問題です。常に適当な数の在庫が保持できるようになると、在庫が足りないという事態が起こらなくなり、機会損失が未然に防げるでしょう。

物流コストが削減できる

生産のムダがなくなり在庫数が適正になると、自然と物流コストが削減に向かっていきます。仮に余剰在庫を抱えてしまった場合、余剰在庫分の生産コスト・材料費・輸送や保管の生産コストが必要です。それらのコストが減少すると、物流コストが削減されるでしょう。

営業支援

ロジスティクスが確立されていない企業の多くは、営業部門が在庫の管理を行っています。しかし、営業部門で在庫の管理も担っていると、本来の営業活動に専念できません。

ロジスティクスを確立することで在庫管理を正しい部門が管理できるようになるので、営業に本腰を入れられるでしょう。また、正確性も確保されるため、データの信頼性も生まれます。情報社会である現代では、ロジスティクス導入により蓄積されたデータが営業活動に大きなメリットを与えてくれるのです。

物流のコストダウンや物流のアウトソーシングをお考えの企業様は、コーリングの物流システム導入をご検討ください。本社兼用の市川塩浜DCを中心として、千葉県内の遠方地域に3拠点を構え、保管料コストを激安で抑えられるプランもご用意しております。

物流倉庫のコストダウンにシステム導入は必要不可欠

今までよりも物流倉庫のコストダウンがしたいというときには、システムの導入が必要不可欠です。担う負担も軽減し、より円滑に企業活動が可能です。ロジスティクスには様々なメリットがあり、企業にとってプラスに働いてくれるでしょう。

コーリングでは、20年間培ってきた物流ノウハウをまるごとご提供することで、御社の物流業務の効率化をサポートいたします。EC物流に強い倉庫管理システムで、リアルタイム管理が可能です。物流倉庫の改善をお考えの企業様は、お気軽にご相談ください。

物流のコストダウン・改善のためにシステム導入をお考えならコーリング

社名: 株式会社コーリング
役員: 代表取締役 松井継太
本社住所: 〒272-0127 千葉県市川市塩浜2丁目30
TEL: 047-300-3524
FAX: 047-300-3521
URL: https://calling.jp/
事業内容: EC物流代行業務 倉庫業の登録第6294号(2009年8月登録)
従業員数: 41名
倉庫所在地: 本社・塩浜DC
大多喜DC
館山DC
匝瑳(そうさ)DC
主要取引銀行: 千葉銀行 京葉銀行 三菱UFJ銀行