物流アウトソーシングのサービス内容 入庫から発送までお任せ 費用やコストの削減をお考えなら

物流アウトソーシングは、費用やコストの削減をするなら検討するべきサービスです。実際に物流アウトソーシングにはどんな役目があるのか、どんなサービスが受けられるのかをチェックしておきましょう。こちらでは、物流アウトソーシングの意味とサービス内容をご紹介します。

物流アウトソーシングとは

人差し指を立てる女性

物流アウトソーシングとは、物流業務の外部委託を指す言葉です。

ECサイトで売り上げが上がると、同時に物流業務も増加します。すると、次第に社内の物流に関するノウハウが不足する、人手や保管スペースが足りない、販売機会の損失をできる限りなくしたいなど、物流に関係する様々な問題が発生するでしょう。

物流業務をアウトソーシングすると、自社が抱える物流の問題の解決が目指せます。

物流アウトソーシングを導入して費用やコストの削減をお考えの企業様は、ぜひコーリングにご相談ください。

物流アウトソーシングのサービス内容 入庫から発送までお任せ

倉庫内で作業をする男性

物流アウトソーシングのサービス内容は業者によって異なりますが、主な内容は以下のとおりです。

入庫・棚入れ

物流倉庫で商品の荷受けを行います。物流会社によって、コンテナ便などを用いて大量の荷物を受けられる会社もあるでしょう。製品の大量仕入れが可能になることはもちろん、ハンディ機器を用いることでスピーディーな業務が行えます。

検品・在庫管理・流通加工

荷受けした商品を型番・サイズ・カラーなどに分別し、保管場所を決めます。その際、金属探知やボタンの付け替え、クリーニングなどの検品を行う業務も物流アウトソーシングのサービス内容の一部です。

また、大きな単位で届けられた商品を消費者が求めやすいように流通加工も行います。

ピッキング・梱包

注文が入り次第、在庫を確認して保管場所からピッキングします。専門業者であれば徹底された在庫管理のサービス内容の一部なので、スムーズなピッキングが可能です。その後、梱包資材を用いて梱包し、発送準備をします。

発送

配送手段の選定、送り状作成などの発送に関する業務も物流アウトソーシングのサービス内容です。商品の配送予定や状況も把握できるので、サービス全体の品質向上が期待できるでしょう。

輸送

自社配送できる荷物の数量や範囲は限られます。しかしアウトソーシングをすると配送できる量と範囲が拡大できるので、販売機会の損失が最小限に抑えられるでしょう。

適切な輸送手段を用いれば、輸送サービスの品質向上も可能です。

コーリングは、自由に組み合わせてご利用いただけるオーダーメイドロジスティクスを得意としております。物流のアウトソーシングで費用やコストの削減をお考えなら、ぜひコーリングにご相談ください。

物流アウトソーシングで費用やコストを削減

物流アウトソーシングをすることで得られるメリットは様々ですが、コスト削減には非常に高い効果を発揮します。依頼する業者によってサービス内容や費用が異なるので、希望するサービス内容と提供してもらえるサービス内容を比較しながら物流アウトソーシングの導入を検討しましょう。

コーリングでは、ハイクオリティな物流サービスを提供しております。イベント前の特殊な配送希望や超短期波動にも対応いたしますので、お気軽にご相談ください。費用に関する問い合わせもお待ちしております。

入庫から発送までお任せ!費用やコストの削減をお考えならコーリング

社名: 株式会社コーリング
役員: 代表取締役 松井継太
本社住所: 〒272-0127 千葉県市川市塩浜2丁目30
TEL: 047-300-3524
FAX: 047-300-3521
URL: https://calling.jp/
事業内容: EC物流代行業務 倉庫業の登録第6294号(2009年8月登録)
従業員数: 41名
倉庫所在地: 本社・塩浜DC
大多喜DC
館山DC
匝瑳(そうさ)DC
主要取引銀行: 千葉銀行 京葉銀行 三菱UFJ銀行